ボードレール

2013年03月31日

ボードレール「髪のなかの半球」そしてマネの絵画など

D-105E1_30black1

記憶と時計

 

 

 

D-105E1
_30black1

「髪のなかの半球」

 

 

 

 

 

 

 

『・・おまえの髪の燃えるような炉のなかに、わたしはアヘンと砂糖に混じった煙草の匂いを嗅ぐ。おまえの髪の夜のなかに、私は熱帯の蒼空の無限が輝きわたるのを見る。おまえの髪のうぶ毛におおわれた岸辺で、私は瀝青と麝香と椰子油の混じり合った香りに陶酔する。おまえの重くて黒い編み毛をいつまでも私に噛ませてくれ。おまえの弾力的なくせ毛を軽く噛んでいると、私は思い出を食べているような気がする。』

この詩はボードレール、「パリの憂鬱」の散文詩、”髪のなかの半球”の詩篇の一部を抜粋したものである。わたしの最も好きな詩のひとつである。エロティックて刹那く望郷のおもいが、女性をとおして宇宙まで広がっている。埋め合わすことができないあの枯渇した愛ゆえに、愛はいっそう燃え、身を滅ぼす。この詩はボードレールの愛人ジャンヌ・デュヴァルといわれている。この愛人を描いたマネの「横たわるボードレールの愛人、1862年」があります。その絵は彼女が下半身不随となっている病のときに描いたものである。

白い大きなドレスを着てソファに脚をなげだして座っている。遠近法を無視した大胆な構図で驚かされる。顔の表情は非常に緊張した描写となっている。わたしはこの彼女を見て、なるほどボードレール好みの女性だとおもった。彼女の性的魅力は微かにまだ残っている。意識が身体に伝わっているのである。その厳しい表情がわたしを感動させた。マネ独特のその対象を見る視点がダイレクトに伝わってきます。わたしにとってマネとは<測り知れないほどの最も偉大な画家>のひとりなのである。そのことを当時のボードレールは見抜いていた。

 

D-105E1_30black1:画像掲載の作品はタイトルを
詩篇、パリの憂鬱の「髪のなかの半球」よりとったもの
この詩篇は「ボードレール、パリの憂鬱」のなかの
「17、髪のなかの半球」の一部を抜粋みすず書房
渡辺邦彦訳を参照した。



2011年10月17日

ボードレールあるいは病める花の終わりに

GG015-02Hole_04

不滅の焔

 

 

 

GG015-02Hole_04
Lonely fire
「病める花の終わりに」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病めるの花の終わりに

覗かれた裸体は、ボードルールの宮殿の排水口
愛液の溜りが奥から滲みでる。それは気化し、
蒸発された手の先を通じて、灯を掴む独身者の焔
永遠の前に儀式をする恥骨の恥じらい。海の向こう側で
扁桃腺の開花。病めるの花の終わりに。

 

そんな風景を立体化する装置、作品ではなくものであること。無関心な焔、意識すること無く、すでにもっている。それを感じた瞬間、孤独となる。辺りが観える景色、広がり(波動)がその棒を水面から押し上げる。何かの作動が身体をかたちつくる。非-芸術的な影、胎内の奥から見える思考を観る。ルネ・マグリットの焔、反転が起こっている。手にもっている一つの音、拾い上げる水平線、・・が棒に点火する。それは孤独な焔であると同時に、離脱した無関心な焔であるようなもの、点火されたひとつの永遠、無限のなかで起こる孤独、滅することと、現れることの浮き上がった線分、それは水平線の上で起こる。



2010年03月12日

エドゥアール・マネ「マネとボードレールその背景」-2・1

FC10-1

さくらんぼを持つ少年

 

 

FC10-1:
さくらんぼを持つ少年
1859年、Oil on canvas
65.5 x 54.5cm
カールスト・グルベンキアン美術館

 

 

 


 

FC11-2

マネ_燕

 

 

FC11-2:、1873年
Oil on canvas
65 x 81cm
チューリッヒ、ビューレ・コレクション

 

 

 

 

 

FC11-3
 横たわるボードレールの恋人

 FC11-3:
横たわるボードレールの愛人
1862年、Oil on canvas
90 x 113cm
ブダペスト国立美術館

 

 


 

FC10-1:さくらんぼうを持つ少年
ボードレールの「パリの憂鬱」という散文詩があります。その散文詩のなかでマネのことを書いています。それは「”エドゥアール・マネに”30.縄)」という散文詩です。これはどう読んだらいいのだろうか。その主人公はアレクサンドルという名前で、「さくらんぼうを持つ少年」のモデルだったのです。あのマネの無関心な眼差しとはちがって、なんと純真で生々した表情で描いていることだろうか。

ところがボードレールは12才年下のマネに対して辛辣なことを書いているのです。このアレクサンドルはマネのアトリエで働いていたのだが、15歳のときに自殺してしまう。それはマネがこの少年を叱りとばしたことで、*『衣裳箪笥の鏡板に首を吊った僕の小僧っ子、僕の生活の茶目っ気たっぷりの伴侶だったのです!』という文でボードレールマネのことをこのように書いている。この散文詩をどのように感じればいいのだろうか。もういちど見てください。「さくらんぼを持つ少年」を。なんと素直な微笑みなんだろう!

後にマネはこの少年の死後もモデルにしたとおもわれる絵があるらしい。それは「犬を連れた少年」という作品で、深い悲しみをもった絵らしい。わたしは観ていなのでわからないけれど、。「さくらんぼを持つ少年」の微笑みをもった表情からは想像もできない。

FC11-2:
この作品が意味するものは何・・田園風景それとも二人の婦人、あるいは空と大地なのか、タイトルはそうではなくて、小さく小さく描いてある「」。自由に飛びかっている””なのです。飛んでいるその一瞬を捉えている。そして大地の上に座っている二人の婦人。その若い婦人の方は、画面中央に白い服を着てもの憂げに座っている。手にはブラウン色の日傘をそっと持っている。そこへ近接して飛んでくる燕の羽音の風、。そして対照的に左側の婦人は、寡婦のようにおもえる黒い服を着て、静に本を読んでいる、静寂と大気。この大地の遠景には放牧された牛たちと、その地平線の真中にブルーの屋根の教会と風車、そして周辺にはオレンジ色の家々がある。生活から離れたこの大地に座ってひと時の休息を。あの雲の空から燕が運んでくるものは何・・そこにはボードレール的なアレゴリーがある

 FC11-3:横たわるボードレールの愛人
それはジャンヌ・デュヴァルの肖像、ボードレールに霊感を与え続けた嘗ての愛人、いまはもうその面影はない。半身不随の身体、投げ出された脚、大きく描かれた白いスカートと上半身のシルバー色の縦縞、緊張した顔と胸のあいている首には十字のネックレス。そして黒いソファーに座って、身体を支えている大きな右手は、背後の透明な波うつカーテンの端にそっと置いている。左手はモスグリーンの扇を持っている。その姿は意志だけが支えている。彼女を抱擁する大気は微かに「髪のなかの半球」をわたしは思い浮べる。

*(「ボードレール、パリの憂鬱」
訳:渡辺邦彦/みすず書房)参照



2009年04月19日

デッサン「散文詩、ボードレール<寡婦たち>」−1

DD25-14black3

裸婦_ED18

 

 

 

 

DD25-14black3
寡婦たち

 

 

 

 

 

 

 

 

寡婦たち

このタイトルの絵は”パリの憂鬱”から取ったものです。ボードレールの詩はわたしを無価値にしてくる、”蕩尽”。そこから感じはじめないと、どうにもならない。現世の価値観を超えたところからやってくる光と影、官能と退廃、メランコリーとアレゴリー、こんなイメージが想起されてくる、それがわたしにとってのボードレールです。わたしのデッサンは視覚化でおわらず、言語(思考)が更にフォルムを加速させ、あるイメージを誘発してくれればいい。そんなふうにドローイングします。・・悲しさと苦労を背負った孤独な女性をときとして、その影が光となり無限に向かう、こんな姿をデッサンして観ると、「寡婦たち」というあのボードレールの散文詩”をおもいうかべます。



2008年06月18日

ボードレール「裸体の蒼空: ジャンヌ・デュヴァルの肖像とマネなど」−1

DD25-05-6LA_1

ボードレール_異邦人


DD25-05-6LA_1

「裸体の蒼空-掘

裸体の蒼空
わたしは忘却した故郷を想い
宇宙の鏡である女の面影に
「裸体の蒼空」を描きたい。
錬金術師たちの秘法の化学で
落下した隕石を蒸発させ、
異邦人のように
空の深さを反映させながら・・

 

 

煙草を吸うジプシー女

DF18-01_Manet
「煙草を吸うジプシー女」
1862年

「裸体の蒼空-掘廚粒┐蓮△海離泪佑
「煙草を吸うジプシー女」をモデルにして
抽象化し、イメージした絵である。背後の空は
キャンヴァス空間の3分の1程度しか
描かれていない。あとはジプシー女の
クローズアップである。しかしこの
対比はみごとである。わたしにとっては、
この空がボードレールの散文詩、
「(パリの憂鬱)1.異邦人」を想起させるのだ。  

 

ジャンヌ・デュヴァル

DF18-02_Manet
「横たわるボードレールの愛人」
1862年

この絵はジャンヌ・デュヴァルをマネが
描いた作品である。そのデフォルメした
大胆な構図は凄い。遠近法を無視した
構成はいっそう緊迫したジャンヌの表情を
捉えている

 

わたしはボードレールの詩から「裸体の蒼空」というイメージが湧き、上記の言葉が浮かびました。これは詩ではありません。わたしのデッサン日記の覚書です。描くときの見えない感覚を喚起させるためのモチーフです。そのイメージを裸婦として最初に木炭デッサンふうに描きました。はじめに内部の出来事(裸体の蒼空-機砲箸靴読舛、次に外のものとして内部が他者の出来事(裸体の蒼空-供砲糧娠であるような様態を描きました。そして外と内部の交感によって出来事(裸体の蒼空-掘砲内在化される。生命のかたちは外の光りによって内部の焔が灯される。

人間の意識-無意識も含めて、志向性とは分かっているようで、じつは何も分かっていない。その沈黙の画家がマネなのです。描くという行為は、ある情動の様態を、見えるものを見えるように描くことではなく、見えないものを見えるように描く、ひとつのフォルムをつくることなのです。フォルムとは見えるかたちにする構造のことです。今回モノクロからはじめて、段階的に色彩をつけていきました。そのプロセスをわたしは試験的にみて観ようとおもった。ちょうどボードレールの散文詩(パリの憂鬱)に触発され描きはじめた。

わたしが描くという行為は、情動の様態を構造的に観ることであって、その機能がどこへ向かうかは、美術になるとは限らない。場合によっては音楽であったり、詩であったするかも知れない。あえて言えば、その例としてピエール・クロソフスキーがそうかも知れない。かれの絵は、文学でもなく、絵画でもない。その中間で、思考の絵画とも云える。不可視なものを可視的に見せるデッサン的なフォルムをもった、ある種の記号絵画でさえある。謎を解こうとする思考の永遠回帰の迷路に陥る魅力は凄い。通常の絵画の方法ではとても表現しきれない素晴らしさがある。決してイラストではない。むしろダイアグラム的アートである。機会があれば、クロソフスキーが見ているものは何であるのか書いてみたい。

補遺:
どうしてもボードレールのことを書こうとおもうと、このマネの「煙草を吸うジプシー女」と「横たわるボードレールの愛人」を画像掲載しなければ意味をなさないと強く感じ、ここに追加して掲載した。しかも同じ年に描かれている。この2人の女性がわたしには心が打たれるのだ。ジプシー女と娼婦的な魅力のジャンヌ。わたしはそこから「裸体の蒼空」を散文詩(1、異邦人)よりその詩篇の最後のフレーズ、「・・あの素敵な雲」から連想するのだ。そしてこの「遺作、(1) 落ちる水、(2) 照明用ガスが、与えられたとせよ、)という作品にいきつくのです。この作品のヒントとなった詩が「ボードレールの墓」というマラルメの詩篇なのです。デュシャンの作品でもうひとつあります。それは「フレッシュ・ウィドウ、1920年」の作品がボードレールの散文詩、「パリの憂鬱(35、窓)」から触発されものらしい。

補遺として追加しても・・ボードレールのことをいくら言葉で論じても虚しい響きばかりで、書くほどに遠のいていくので、わたしの体験を視覚的な言葉で「裸体の蒼空」というイメージで描いた。そのボードレールの痕跡を追いかけていった。しかしさらに向こう側に世界があり、わたしの手中からの逃れ去ってゆく。

またベンヤミンの「パサージュ論」でボードレールとアレゴリーのことを絵として何らかの”かたち”にして表現したい。それも現代の出来事として、渋谷、新宿、そして最近ショキングな事件がおきてしまった、秋葉原の街をアレゴリーとして表現できればと・・今考えています。どうい形式で公開するかはまだ、そこまで考えていない。

 

ボードレール:パリの憂鬱
「18 旅へのいざない」渡辺邦彦訳より、
その詩篇の一部:空の深さを反映させながら・・を
引用したもの<発行所:みすず書房>参照



2008年05月11日

ボードレールとマネ「裸体の蒼空・・あの素敵な雲」−2

FA21-04A/FA21-04A

雲と空A雲と空B

 

 

 

 

 

「裸体の蒼空-供
あの素敵な雲

前回、ボードレールとマネのことに関して書きました。ボードレールの散文詩(パリの憂鬱、17・髪のなかの半球と)「1・異邦人」の最後のフレーズが気になって、何とか表現ができないものかとおもい、暗示的な方法で左上の部分のみ顔をとり込み、背後から光りを感じるよう、微かに色を付けてみた。前回のデッサンでは、内面性としての情動を表現し、外との連関は内部のひとつの接線として関係性をもつのみで、具体的には表現していませんでした。今回は外の光りを顔に射れ、その関係性を最小限にとどめ、抽象的な方法で表現してみた。内部から外へではなく、外から内部の線へと向かう、外が主体となる様相にした。上記のFA21-04A/FA21-04Aはマネの「燕、1873年」作品の空の部分のみ掲載したものです。いずれこの「燕」という作品に「かくされた沈黙」を論じたい。当初わたしの作品を掲載していたが、あまりに駄作なので削除しました。上述だけの文をのこしました。

マネのモデルでは「煙草を吸うジプシー女、1862年」馬の背中にジプシー女が肘をかけ煙草を吸っているポーズです。この背後に前回も書きましたが、マネは蒼空の空間を画面の3分の1にとどめ、無限を暗示させる描写となっています。そのことが、かえってイメージが無窮に広がり、素晴らしい表現となっています。舞台装置として馬を2頭配置し、その背後に蒼空を描きジプシー女との対比が見事です。それは外と内部(ジプシー女の表現)の連関が驚くほど構造的で、タブローそのものを見させるマネの様相は、現代美術そのものです。近代詩の始まりが、ボードレールからランボー、マラルメへと接続されてゆくのもよく分かります。そのことと関連して、マネを見ますと現代美術の始まりを強く感じます。話しは現代にいってしまいましたが、ボードレールにもどりましよう、そこからわたしがイメージするのはボードレールの散文詩「1 異邦人」の詩篇の

『----僕が愛するのは、雲です・・・流れて行く雲・・・ほら、あそこ・・・ほら、あそこを・・・あの素敵な雲!』

という最後のフレーズです。わたしは、この詩篇からイメージが無限にでてきます。ジュール・ラフォルグもそうですが、わたしにとって絵画とはイメージそのもので、視覚的要素であるより、不可視の構造を可視的に表現する方法が、たまたまわたしにとって絵画という感じです。視覚の快楽は脳髄からやってくるより、外の表面から浸透する心地よさです。デュシャン的にいえば、網膜の快楽ということでしょうか、強度的には脳髄の刺激より多少弱い気もします。詩のインパクトは、まさにその辺の刺激です。この刺激を可視的にしたいわたしの欲求が絶えずあります。

 

ボードレール:パリの憂鬱
「1 異邦人」渡辺邦彦訳、
発行所:みすず書房、参照



2008年05月10日

ボードレール「裸体の蒼空(パリの憂鬱)とマネなど・・」−1

DD25-02_1

裸婦A

 

 

 

DD25-02_1
「裸体の蒼空-機

 

 

 

 

 

 

わたしはボードレールの散文詩「パリの憂鬱」のなかで<髪のなかの半球>がもの凄く好きで、そしてたまらなく辛い感じが伝わってきます。とくに最後の詩句『・・私は思い出を食べているような気がする。』というこのフレーズ、心にジーンと響きます。そしてこのあとに「1 異邦人」の散文詩の言葉へと続き、天上的なフレーズとなって現れてきます。『・・僕が愛するのは、雲です・・流れてゆく雲・・ほら、あそこ・・あの素敵な雲!』という情景です。

ボードレールの散文詩に「30・縄 ”エドゥアール・マネに”」という画家に対する想いを書いた散文詩があります。これはマネのアトリエで働いていた少年のことを詩っています。その少年の名前はアレクサンドルといい、15歳のときに自殺してしまいます。マネはその少年をモデルに描いています。「さくらんぼうをもつ少年、1859年」この絵は、マネの絵にしてはめずらしく少年の顔を生き生きと描いています。とてもこの少年が自殺するようには思えない。そのギャップが胸を打つ。

マネがどのようにその少年を観ていたか、まさにボードレールの散文詩「30・縄 ”エドゥアール・マネに”」でてくる少年の像がこの詩篇のとおりなので驚く。マネは観たものを観たもののとおりに描く、最初の近代画家であることがよく分かります。ボードレールの恋人を描いた「横たわるボードレールの恋人、1862年」のマネの絵は迫力があり、圧倒されてしまいます。

ミシェル・フーコーやジョルジュ・バタイユがマネ論を書いているのは、身体としての存在論であり、表象の彼方にある、その現れ方が、マネのタブローの意味作用が、非ー意味作用として返ってくるその特異性なのである。観てのとおりという絵画の自立を確立したことである。これは現代絵画の先駆けです。わたしはマネの絵を何回観ても神秘的だ。<人間とはいったい何だろう>という問いです。もしかして消尽する虚無ではないのか。

DD25-02_1:「裸体の蒼空」はコンテで描いたようにセピア色にして自由な線の走りと、余白の塗り残しが効果を生むようそのイメージを描いたもの。素材はマネの「煙草を吸うジプシー女、1862年」の印象を柔らかい情動がでるようひとつのかたちを断片化して描いたものである。結果としてマティスふうになったのが面白い。”煙草を吸うジプシー女”では馬の背中に右肘をつて煙草を吸っている。その後ろの背景は雲と空である。この絵と散文詩「1 異邦人」の最後の詩句をみるとわたしはマネの描いた空がそれを表象しているように感じるのだ。わたしのデッサンでは上部背景を黒く擦り雲の陰のようにし、空を描いてはいないけれど無数の線のタッチの隙間から微かなイメージとして空が見えればいい。

 

この詩篇は「ボードレール、パリの憂鬱」のなかの
「1 異邦人」「30 縄 ”エドゥアール・マネに」
「17 髪のなかの半球」を参照 みすず書房:渡辺邦彦訳



Recent Entries
「最新トラックバック」は提供を終了しました。