2014年10月10日

「何も無い」という出来事は、

JI-31F_The Wall

JI-32F-The wall































「何も無い」という出来事は、

生成途上にある道のようにおもわれる。

しかし「かたち」がそこに現れる予感という「もの」でもない。

空白とは・・セザンヌの余白、

「もの」と「もの」との間に見えない「もの」として現れる
                            空白・・

しかしそれは「もの」として知覚するわけではない。







トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Entries
「最新トラックバック」は提供を終了しました。