2011年09月09日

ジョルジュ・バタイユ「”ドキュマン”誘惑は個体化のエネルギー変化である」

GI07-01B2
GI07-02B

誘惑B

 

 

GI07-01B2
闇夜の誘惑

 

 

 

 

誘惑A

 

 

GI07-02B
闇夜の誘惑
「光を当てれば・・」

 

 

 

 

闇夜の誘惑

腐りかかった肉をわたしは砂利の上に捨てた
少し光を当てると、無数の虫が集ってきた

ジョルジュ・バタイユ:著「ドキュマン」この風変わりで奇怪な書物をどのように読んでいいのか、解釈にとまどうわたしがいる。しかしある感覚が喚起されくるのである。それは第13図の「足の親指」の拡大図である。一瞬、見てはならないものを見たという感じであった。なぜこれが卑猥に感じたのか、言葉がでてこない。それは第1図から第32図まであるのだが、この写真がわたしに一番インパクトを与えた。第31図は「蝿取紙と蝿」の写真であった。あれほど嫌われていた蝿が、情けない姿で無残に蝿取紙に捕らえられたものであった。第32図は「教会内に埋葬された修道士たちの骨で飾られた納骨堂」である。この第31図と第32図との連関をバタイユは述べている。しかしそれを読んだとしても理解できるというわけでもない。寧ろ直感的に身体の器官が作用しはじめる。この何ともいえない感覚、その感覚こそバタイユが求めてた”extase"ではないのか。ex-外へと出ること。自己を消滅させることによる一体化、自由な交感、・・を創出すること。

 

「ドキュマン」著:ジョルジュ・バタイユ
(訳:片山正樹、 ニ見書房)参照

わたしは「第13図、31図、32図」を見てあるイメージが湧き、それを表してみようとおもった。それは砂利の上に腐った4つの肉片を置き、そこに群がる虫を想像し描いた。写真の作品であはるが、死んだ動物の肉片と生きた虫の対比を考えついた。上図(GI07-02B)では暗い状態を、それも何かを待ち受けるような誘惑を、下図(GI07-02B)では少し光が当るような状態をつくった。わたしはジョルジュ・バタイユの書物を読むと、視覚的なある状態が想起されてくる。この高揚感は、わたしを刺激させてくれる。何点か描いてるので「カテゴリ」からバタイユを選んで観ることをお奨めする。



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Entries