2011年06月20日

水浴をする人「空間についてスケッチ」−1

GF20-05B

GF20-05B

 

 

 

GF20-05B
「水浴をする人」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水浴をする人

この画像(GF20-05B)は「水浴をする人1909
New York, The Museum of Modern Art 」にある
マティスの作品をわたしがスケッチしたものです。10点ほど
スケッチしている。そのうちのひとつです。マティスの作品の
なかで最も論理的で哲学的な深い内容をもっています。
わたしの好きな絵のひとつです。

マティスの描いている人物像は、非常にシンプルで背景はブルー
一色で宇宙のすべてを描いてる。水と空の境がなく、イメージが
無限に広がって素晴らしい作品です。わたしはそのイメージを
つかみたいとおもい、スケッチしました。すると、どんどんセザンヌ
になり、ついにはジャコメッティに接近してくる。もともとマティス
水浴をする人」のポーズが、あのジャコメッティ
類似しているのです。存在論として当然といえる帰結です。

マティスでは、頭部が完全に球体で描かれています。全体が眼に
見えない幾何学的構成、--それが生成してくるのです。
その結果ダイレクトに脳髄を刺激する強度をもって現れてきます。
わたしはその存在に刺激されてスケッチしてみた、というわけです。

マティスの「水浴をする人」の作品を存在論として詳細に
カテゴリの「マティス」で論じています。知りたい方はそちらを
御覧になってくだざい。またジャコメッティについても、この
水浴をする人」と、どこかテーマが類似しいるところがあります。
これについても論じていますので御覧になってください。

マティスはわたしにとって非常に重要なアーティストです。
デュシャンが「ゼザンヌよりむしろマティスを発見したことだった」
と、対談でピエール・カバンヌに語っている。
これは興味深い出来事です。

 



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Entries
「最新トラックバック」は提供を終了しました。