2006年03月31日

アンリ・マティス「カオスとリトルネロ」−3

はじめにマティスからいきなり書くより、パウル・クレーの「さえずる機械」の概要からはいります。そしてマティスの「音楽」と「ダンス」へと進みます。というのもわたし自身理解しながら書いていこうとおもいます。どのように展開していくかわたし自身予測できません。今は頭の中に記憶をとどめておく作業です。作品を創るとき、これとは反対に、わたしは殆ど考えません。意見を頭のなかから追い出します。作品は概念を超えねばなりません。理解することとはちがいます。概念は道具なのです。わたしはその道具を使って書き進めます。

物質と時間の関係を求め、幾何学的な運動エネルギーを感性に変換して行く作業をマティスのなかに求めてゆきます。そのことによってマティスの造形思考のなかに入りこみ、その驚くべき論理性を書いてゆきます。「音楽」と「ダンス」の作品は、「ピアノのレッスン」や幾何学的なまでに抽象化された「座るピンクの裸婦」のように理論的な形態は見えません。論理はその形式自体のなかに溶けこみ、見事な調和となって現れています。楽譜は機能するとき、消えます。それと同じことです。

 

スケルトンのない家はすぐ壊れてしまいます。絵も表面の美しさだけでは時間に風化させられてしまうでしょう。ゼザンヌやマティスの絵はまさにその強靭なスケルトンをもっています。それはカオスからもらった自然な構造体をもっているからなのです。論理は論理の向こう側を潜在的に内包しています。わたしは今回マティスから思考の養分をもらうために認識する作業をします。それは前作品行為の思考なのです。そのことによって作品を創る思考の養分をマティスからもらい、わたし自身挫折しないようにするためのものなのです。

 

それはマティスの造形哲学を十分吸収し、体の中に浸透した記憶が差異として、作品みずから湧き出てくる生成変化を直感的に捉えるよう、その地平を開示する行為へと進むものであってほしい。作品が何を語っているかわたし自身理解していないところまでもってゆきたい。意見から遠くはなれて自立した存立平面を形成したいのです。

 

これから書くことは普段あまり目にしない言葉の用語使いになるかも知れません。わたし自身も使い慣れていません。他の言葉になっているとき、わたしは作品を創ります。今は思考するための道具です。道具はまだ世界を形成していません。言葉が何かを探しているのです。言葉は空虚であるがゆえにスピノザ的な情動を接続させるシナプスのようなもの・・としての気配を送る身体的な反応を待っている機械を振動させる媒質なのかも知れません。

 

今回はクレーの「さえずる機械」について書き進めます。BC14-1Cの画像掲載を参考にしてください(お手もとにカラーの画集があれば、御覧になって下さい)。これはわたしが画集よりスケッチしたものです。この絵は技法的には結構クレーが苦労して制作しています。色調を微妙なトーンで表現しています。それゆえいっそう緊張感のある空間をつくっています。右上の黒い滲んだ色と鳥を囲む淡いブルーグレイの色使い、そしてグランドに置かれた淡いバーミリオンに塗られたベッドが空間色のブルーグレイと滲み、いっそう小鳥たちを緊張させる。左上にはそれと同色のバーミリオン色で滲んだトーンが地と空のカオスが剥きだしに現れているような感じさえします。

 

この「さえずる機械」の絵はドゥルーズ/ガタリの共著「千のプラトー」、第11章の”リトルネロについて”で明晰に論じられています。最初の出だしは、『暗闇に幼な児がひとり、恐ろしくても、小声で歌をうたえば安心だ・・』というところから書きはじめ、リトルネロの構造を段階的に深くはいってゆきます。その最後の章は宇宙規模の無限な機械(機械圏)の作動原理を暗示して終っている。芸術とは何かという概念を深く思考させられる哲学にもなっています。つまりフーコーも言っていますが、

 

『自らのうちにカオスを抱えない人間は、躍動して輝く星を生み出すことはできない』

 

と、このようなことを言っています。マティスもこれと同じようなことをいっています。”カオスのない芸術はたんなる意見にすぎいない”と言っています。わたしはこの「さえずる機械」を見てクレーからカオスを感じとらねばならない。

 

・・何故4羽の小鳥たちがさえずるのかを、空にむかって、森にむかって、大地にむかって、仲間にむかって、そして敵にむかって、そうしてクレーの「灰色の点」を感じねばならない。この「灰色の点」とはブラックホールのことであり、「灰色の点」とは小鳥たちをとりまくブルーグレイ色(掲載したわたしのスケッチでは判断できませんが画集を見てください)で塗られた空間のことであり、無限の拡がりのなかの位置決定が不可能なカオスそのものなのです。

 

そしてその点は『自らの上に飛躍し・・重力に勝利した遠心的な力の圏内に入って、実際に大地から舞い上がって行くのだ』という言葉でドゥルーズ/ガタリは書いています。この言葉の概念を次回書こうとおもいます。それはカオスと共鳴するリトルネロの作用を「音楽」と「ダンス」へと接続されていきます。

 

今回はクレーの「さえずる機械」の触りとしてその概要を書きました。クレーのもっているカオスと「内在平面」のことに関しては、クレー自身が、大変危機的状況のなかでたえず創作活動しているその凄さを見るおもいがこの作品から感じます。「さえずる機械」という作品は絵画というより、そのリトルネロの仕組みを見せるダイアグラムでありシンプルな図表でさえある。それはカオスの境界でさえずる小鳥たちの彼方を、抽象機械を、機械圏へと接続される諸アレンジメントを垣間見る。

 

リトルネロとは(歌をうたうとは)カオスの破壊としての振動を逆に共振させ領土化し、カオスをとり込み、カオスみずからの波動によって歌となり共振する。それによってリトルネロは内部時間をつくり灰色の中の「点」となり、カオスは共鳴してゆきます。揺らぎはいつ切断されえてしまうか、か細い糸で繋がれた「アリアドネの糸」なのです。たえず危険に晒されています。その意味で小鳥たちのささやかな無意識機械とは、わたしでもあり、あなたでもあります。そのようにドゥルーズ/ガタリから感じます。

 

『暗い夜道に迷わぬよう、わたしも歌をうたい、くちずさみ”エレボス”を遠ざけ、無限の故郷の家にもどる「時間の神」のなかで・・』



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Entries
「最新トラックバック」は提供を終了しました。