2012年03月

2012年03月07日

現代美術の回帰「表現された空間はどこへ移行するのか」−1

AI3003

Time Travel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Time Travel

AI3003:Collage/「Time Travel」
Mixed media ,54cm x 74cm


イメージはどこにつれてゆくのか。対象が不在なだけに
もはや自然との接点がない。人工的だ、記号体系のなかで
姿を現すもの。内部意識の強度を引き出すために、わたしは
あれでもなく、これでもないという感覚にのる。漸近的に接近
してゆく。論理の向こう側を求めながら、幾何学的な思考を
視覚化しようとしている。この感じるものと論理の乖離が
ある変換へと導く。その構造をつくりだすこと。あのセザンヌ的な
矛盾を孕みつつ行為する。わたしはその行為から脱出するために、
ダ・ヴィンチの「聖アンナと聖母子を観る。そこからすべてが
はじまる。「感じるものの論理」とは動くこと。だれが動かすのか
それを捉えねばならない。しかしわたしはそれを知らない。

 



Recent Entries
「最新トラックバック」は提供を終了しました。