2011年09月

2011年09月28日

生と死「エロティシズム」−4

GF26-03Flower

Flower

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誘惑するものと、されるもの
それは対立するものではなく、
融合する熱。

胎内の母

誘惑の色、それはエロスの罠、
思考するペニスはそれを知らない。
糜爛の液状化を時空化する
エロティシズムは、消滅をめざす
思考の放蕩を用意する。

柔らかい軌跡は「髪のなかの半球」を、
ジャンヌ・デュヴァルの半球の深淵を泳ぐ。
それは「異邦人」の空を、途方もない
変わり者の受粉を夢見て。

「・・私は思い出を
食べているような気がする

というボードレールアレゴリーを、
その断片的に現れるエロス
魅惑の花よ

その光の影を受粉するために
わたしは深淵の罠に落ち込む。
夜と昼が同じミューズの姿であることを
わたしは知ってる。

同性愛者のミューズよ、同じ影の
光よ、胎内の母より生まれ出る
柔らかい穂先のミューズよ、
わたしはそれを愛しく思う。

 

「ボードレール パリの憂鬱
訳:渡辺邦彦
発行所:みすず書房」参照

わたしは「パリの憂鬱」の渡辺邦彦の訳が分かり易かったので購入しました。他の訳も見たけれど、どうもしっくり来なかった。そんな経緯があります。そのなかので、特に「17-髪のなかの半球」が好きでそのイメージを描いたものがあります。上記の(胎内の母)は詩的に書きましたが、描くためのデッサンとしての言葉です。余談ですがジョージア・オキーフはわたしにとって胎蔵界曼荼羅のような気もします。それにわたしは形而上的なイデー(理念)を加え、思考の到達地点が金剛界曼荼羅であると感じている。ところがそこから両性具有というイメージが出てくるのです。男性であると同時に、女性でもある。わたしは変身してミューズのなかに入り込む男性、あるいは男性のなかに入り込むミューズ、自在な変身を、同性愛と仮定して胎内の母のなかに書いたのです。円周のどこにも無い中心(胎内の母)。この無いが、空というところに往き付きます。そんな無窮(無限な時空)の世界を瞬時に顕現化させるためにダイアグラム化したのが曼荼羅のように感じます。その意味では、全てのアートは曼荼羅だともいえます。



2011年09月21日

生と死「摸造する死の反転あるいは永劫回帰」−3

FG18-01Cicada-4

Cicada

 

 

 

FG18-01Cicada-4
「永劫回帰」

 

 

 

 

 

永劫回帰

カオスはある反転によってしか
体験できない。なぜならそれ自体
体験できないというパラドックスを
含んでいるから。しかしそれさえも・・

すべての対象を失ったとき、
脱皮するものが頭角を現す。
忍び寄るカオスの影、
強度はそれを餌に
自らを食い尽くす。
シミュラークル
それは分らない・・

仕掛けた罠は、自らの罠によって
己が捉えられる。言語はその欲望の翼か。

忘却それは摸造する死の反転
これがシミュラークルともいえない。
機械の反復作用、現れる姿、
鏡のなかに映し出された
怯える身体の予感、
まだそこに無いという振るえ。

厳かな鐘の音、時空の暗闇に
拡がる振動の影、カオスの支配下にある
震える言葉、忘却の彼方 永劫回帰、
生の反転、久遠の呼吸が生まれはじめる。
厳かな鐘の音が・・それと共振する。

しかし わたしはそれをしらない。
時空と共に抱かれた姿を
想像することも、思考することも
できない。移り行く時間、身体の共振、
二つのもの、すべてのものがわたしであると
同時に、すべてのものがわたしでない
もの、それは反転と転移・・



2011年09月09日

ジョルジュ・バタイユ「”ドキュマン”誘惑は個体化のエネルギー変化である」

GI07-01B2
GI07-02B

誘惑B

 

 

GI07-01B2
闇夜の誘惑

 

 

 

 

誘惑A

 

 

GI07-02B
闇夜の誘惑
「光を当てれば・・」

 

 

 

 

闇夜の誘惑

腐りかかった肉をわたしは砂利の上に捨てた
少し光を当てると、無数の虫が集ってきた

ジョルジュ・バタイユ:著「ドキュマン」この風変わりで奇怪な書物をどのように読んでいいのか、解釈にとまどうわたしがいる。しかしある感覚が喚起されくるのである。それは第13図の「足の親指」の拡大図である。一瞬、見てはならないものを見たという感じであった。なぜこれが卑猥に感じたのか、言葉がでてこない。それは第1図から第32図まであるのだが、この写真がわたしに一番インパクトを与えた。第31図は「蝿取紙と蝿」の写真であった。あれほど嫌われていた蝿が、情けない姿で無残に蝿取紙に捕らえられたものであった。第32図は「教会内に埋葬された修道士たちの骨で飾られた納骨堂」である。この第31図と第32図との連関をバタイユは述べている。しかしそれを読んだとしても理解できるというわけでもない。寧ろ直感的に身体の器官が作用しはじめる。この何ともいえない感覚、その感覚こそバタイユが求めてた”extase"ではないのか。ex-外へと出ること。自己を消滅させることによる一体化、自由な交感、・・を創出すること。

 

「ドキュマン」著:ジョルジュ・バタイユ
(訳:片山正樹、 ニ見書房)参照

わたしは「第13図、31図、32図」を見てあるイメージが湧き、それを表してみようとおもった。それは砂利の上に腐った4つの肉片を置き、そこに群がる虫を想像し描いた。写真の作品であはるが、死んだ動物の肉片と生きた虫の対比を考えついた。上図(GI07-02B)では暗い状態を、それも何かを待ち受けるような誘惑を、下図(GI07-02B)では少し光が当るような状態をつくった。わたしはジョルジュ・バタイユの書物を読むと、視覚的なある状態が想起されてくる。この高揚感は、わたしを刺激させてくれる。何点か描いてるので「カテゴリ」からバタイユを選んで観ることをお奨めする。



Recent Entries
「最新トラックバック」は提供を終了しました。