2011年07月

2011年07月08日

現代美術「芸術に先端も過去もない」−1

GF27-01A/GF27-01B

赤い空間の嘔吐A

赤い空間の嘔吐B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

声が届かない

東日本大震災以後では、何だか現代美術が、
何にをやっても虚ろで、感覚には入ってこない。

今を表現することは、もはや東日本大震災、
原発事故を受け止めること無しに行為できない。

途轍もなく大きな出来事に遭遇して
途方にくれている。

逃げ場をどこにすればよいのだろうか、
」とは何だろうか。
落としどころが見つからない。

声が届かない

芸術がそれに見合うだけの力を持たねば、
美の」があるとはいえない。
音楽の力は強い。人を元気付ける。
場所をえらばない。

どうしても美術はそれに劣る。
美術館で、画廊で、限定された場所でしか
観れないことが多い。
インスティテューションを壊せない。

声が届かない

どのようなコンセプトがあっても、
そんななかで行為している。

声が届かない

 



Recent Entries
「最新トラックバック」は提供を終了しました。