2011年01月

2011年01月18日

生と死「模像する死の反転」-2

GA18-01Cicada_4

Cicada

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生と死
(模像する死の反転)

生とは・・そんなことは語れない。
死とは・・そんなことも語れない。

では何が語れるのか、
現れるとき、もうそこにはいない。

強度 そのまた影の生き物
残像・・の再現でなはない。

あの器官に住み込んでいる
言葉の彼岸の声・・言霊、
祖先の光と影の1回きりの摸像。

神の影に怯える、反転された生の死。
いまここに聞こえる光の空間に
錬る思考の脚は動く。

 



2011年01月17日

生と死「死は考えるものではなく、やって来る」

GA02-mantis_2A

mantis

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生と死
(何も無いということの
身体的な意味)

何ものかが突然やってくることがある。
シミュラークルの瓦解、
それに対応できない
理性の無能力、思考の停止
身体の無、(用意されている空白)

シミュラークルは文明の、
あるいは文化の形態から
派生した歴史的、時間的要素の
集合体。

それ自体で成立し、
対象があるわけではない。

---ではアウラとは何か?

それを喪失すること
・・によって成立つ言語の海。
強度の再現 身体の擬似的空間の
さらにそのまた擬似的空間の器官化。

それを悪循環というべきか、
喜ばしき快楽の拡大、対象の無限定が
身体をかたちつくる、空集合の総体。

反応しない身体をつくり、反応する
身体の空集合をたえずつりく続ける
摸像的身体の孵化。

こんなアートがあるとすれば、
石田徹也の奇怪な図像か、
村上隆のフィギュアだ。

ウォーホルのアートはしかないから、
は死が添い寝している。
Nothingだけが観えてくる。

だからシミュラークルとは言えない。
(摸像していない) 死とは・・
表面に描かれた裏の無対象

さて死とは以前として謎だ
バルド・トドゥルの世界とは・・

 



Recent Entries
「最新トラックバック」は提供を終了しました。