2010年04月

2010年04月28日

ネットワークの夜に「cloud computing」

FD27-01

トカゲとサボテン

 

 

 

FD27-01
Lizard & Cactusor
Cloud Computing

 

 

 

 

 

ネットワークの夜に

王者は球体のCactusの上で姿を現す。
無数の棘にも痛はもたず、
無限()の尻尾をもったアルゴリズム。
暗黒の雲はCactusとなり人々を惑わす。

その王者は仮象のLizard
支配するものと、支配されるもの、
この両者はたえずローリングする。
受送信の波は空間を形成し、
非-知のなかでCactusが現れる。

それは仮象の王者Lizardを用意する。
数学的言語の4次元、5次元、次元へ、
無限大()の次元をもった数列・・・
その王者は仮象のLizard

 

わたしはこの写真から次のイメージがでてきました。エッシャーがシメントリーに繰り返し描いたワニ「爬虫類リトグラフ1943年」を想起させた。それは2次元から3次元へ、そして再び2次元へもどってゆく何とも不思議な絵です。次にCloud Computingというイメージが浮かんできた。それが仮象のLizardということです。それをリアルに現実の物に成立たせるものがアルゴリズムWizardでもあり、Lizardでもある。まさにWizard of Escher )というわけです。厳密に計算された幾何学が円環運動を発生させ、最後は「曼荼羅」へと発展してゆくイメージなのです。ようするに「宇宙の構造」との出会いとは、一つのシミュラークルをつくること。そんなふうに考えると、「美術」というジャンルなどどうでもいいことのようにおもえてくる。エッシャーとはそのような世界なのです。



2010年04月08日

Midnight 「官能的な無」

FD07-02C/-02B/02A

地層C地層B地層A

 

 

 

 

 

 

Midnight

彩られた思考の石は
模倣することによって、
暗闇の身体を輝かせる。

それは無の身体化する秤が
分銅を動かせ、官能の夜が
光となる。
3つの神秘をとおして・・



2010年04月05日

裸体の大気「デュシャンの余熱」−2

FD05-01

窓の外

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FD05-01:
裸体の大気

運動は熱を帯びる。交わる移動の余熱、
そんなこととは知らず、機械のように動く
余白のエロティシズム。仮死状態の男女
裸体の真空、アンフラマンスの余熱を観る
思考とは、「階段を下りる裸体」を観ること。

覗かれた原基。それは「3つの停止原基」を
つくらねばならない。身体の言語を探す窓と
覗く思考の余白を探すエロティシズム、
すなわち「大ガラス」の向こう側へと・・透す
「遺作」の覗き穴とは、静止した無限の
3つの停止原基」を持つこと。
それは三次元ではなく、別次元のものへ・・



Recent Entries
「最新トラックバック」は提供を終了しました。